不倫中の女性が、夫と離婚を決断してしまう6つの理由

不倫中の女性が、夫と離婚を決断してしまう6つの理由
2018/06/08





不倫をしている人の多くは、パートナーから離婚を突きつけられないか恐れていることがほとんどです。しかし、中には不倫をしている側から離婚を切り出すケースもあります。

そこで今回は不倫中の女性が、夫と離婚を決断してしまう理由をまとめてみました。

1. 浮気相手の子供を妊娠

不倫中に妊娠していることが発覚した場合、女性は浮気相手との子供である可能性を考えると思います。浮気相手の子供の場合、まずその子供を産むかどうかを考えなければいけません。

中には誰にも知らせずに中絶という選択をする人もいます。
しかし、子供を産みたいと思った場合、次はどうやって育てていくのかが問題になります。

夫に嘘を付き続けながら子供を育てていくことに耐えられないという理由や、子供にとっては本当の
父親である浮気相手と一緒に育てていきたいという思いから、夫との離婚を決断してしまう女性もいます。

2. 夫が自分に対して無関心
そもそも女性が不倫をしてしまう理由の1つに、
一緒に生活していくうちに夫からの関心がなくなってしまうことがあります。

自分に全く興味を持ってもらえない寂しさを紛らわすために、
浮気に走ってしまうという女性は少なくありません。

女性が浮気をしている間も夫が変わらず無関心のままだと、
「私がいてもいなくても一緒なんじゃないだろうか?」と考えるようになっていきます。

そのような状態が続くと、いっそのこと離婚して新しい生活を手に入れたいという
気持ちが強くなっていきます。

3. 浮気相手から離婚を求められている
浮気をしながらも離婚に踏み切れない女性は、離婚後の生活を不安に思っているケースが多いです。
一方で、離婚後の生活に不安がなければ簡単に離婚を決断してしまう女性もいます。

特に、浮気相手から「自分と一緒になるために旦那と離婚して欲しい」と言われている場合
今の結婚生活よりも素敵な生活が待っている気がして、離婚に気持ちが傾いていくこともあります。

夫との将来に不安が多いほど、浮気相手からの言葉に負けてしまいやすくなります。

4. 性格の不一致
実は、離婚理由が夫と性格が合わないからという女性は少なくありません。
特に、不倫中は性格の違いが余計に気になりやすくなります。

それは、夫と浮気相手を比較して、不倫中の自分を正当化しようとするためです
浮気相手のことが好きになればなるほど、夫の全てが自分とは合わないように感じ出し、
一緒にいること自体が苦痛になることもあります。

その結果、女性の方から離婚を切り出すことになります。

5. 夫の家族(義両親や義兄弟)と不仲

離婚を決断する原因が夫自身にはないケースもあります。
夫の義両親や義兄弟との関係が上手くいっていない場合です。

嫁いできた女性を歓迎してくれる家族もいますが、中には
心無い言葉や態度を平気でぶつけてくる人たちもいます。

日頃から夫側の家族から酷い扱いを受けていれば
それだけで離婚を考えるきっかけになりますが、不倫中だとより離婚に踏み切りやすくなります

不倫していることが義両親や義兄弟に伝われば、
今より酷い仕打ちを受けることが分かりきっているからです。

そのため、浮気が発覚する前に離婚しようと考える女性もいます。

6. 家庭に居場所がない

家庭に自分の居場所がないと感じてしまうと、離婚したいという気持ちは強くなっていきます。
どれだけ家事や育児を頑張っても夫は一言も褒めてくれず、子供も自分の言うことを
全然聞いてくれないと、家族と一緒にいるのに孤独を感じてしまうことがあります。

そんな状況で、他の男性から優しくされれば心が傾いてしまうのもしょうがないのかもしれません。

浮気相手と一緒にいる時間が唯一孤独を感じずにすむようになると、どんどん家庭に戻りたくない
気持ちが強くなっていき、最終的に離婚を決意してしまうこともあります。

不倫中の妻に対して、夫のとるべき行動とは?


不倫中の妻に対して、夫はどのように行動するべきなのでしょうか?
まず考えなければいけないことが、妻と離婚するかどうかです。

もし、離婚したくないのであれば、妻の不倫を強く責めてはいけません。
妻のことを追い詰めてしまえば、相手の方から離婚を切り出してくる可能性が高くなります。

離婚を回避するためには、妻が不倫に走ってしまった原因が自分にもなかったか考える必要があります。
妻が不倫してしまったのは、少なからず家庭に不満があったはずだからです。

一度離れてしまった妻の心を取り戻すのことは、容易ではありません。

そのため妻の不倫を責めるのではなく、
二人で関係を修復するためにはどうすれば良いかしっかりと話し合う必要があります


しかし、妻の不倫を許せずに離婚したいと思う人もいるでしょう。

その場合は、できるだけ有利な条件で離婚できるように準備をしておく必要があります。
妻の不倫を理由に離婚を請求するためには、不貞行為の証拠がなくてはいけません。
そういった証拠を手に入れるには、素人では難しいのが現状です。

確実に不貞行為の証拠を手に入れたいのであれば、探偵事務所に依頼することが最も効果的です。

まとめ
不倫中の女性が夫と離婚を決断してしまう理由を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
もし、今回の記事を読んで思い当たる節がある男性は、そのまま放っておくと女性の方から
離婚を切り出されるかもしれません。

知らないうちに妻が離婚を決断してしまう前に、一度夫婦の関係を見直してみると良いでしょう。

◆ 浮気に関するコラム
カテゴリ

Coryright© 浮気調査NP right reserved.