夫の不倫に喝!浮気問題のプロが教える不倫のきっかけと3つの対策法!
更新日付 2019/07/31

夫が不倫をしているかもしれないのでやめさせたい……
  • 夫が職場の若い女と何度もメールでやり取りしている
  • 夫がSNSで知り合った女と頻繁に会っている
  • 同窓会の日から、夫の帰りが遅くなった
例えばこんな様子であれば、夫が不倫をしている可能性大です。
しかし、どうすればやめさせることができるのでしょうか。
ここでは浮気問題のプロである元探偵の私が、不倫のきっかけと対策法について詳しく紹介していきたいと思います。

◆ 夫の不倫のきっかけ

統計によると、既婚男性の4人に1人は不倫経験者だそうです。
それほど多くの男性を不倫に走らせてしまうきっかけとは、一体何なんでしょうか。
不倫のきっかけの中でも多い10こを、以下に挙げておきます。


職 場

定番中の定番です。上司の男性が、部下の女性の仕事上の悩みを聞いているうちに自然と良い仲になってしまった。 こんな話は本当によく耳にします。

また、よく会う取引先の異性と不倫関係になるという場合もあります。

やはり、仕事場では長い時間を一緒に過ごします。
一日の大半を過ごす相手には情が移りやすいことが多いため、職場での出会いは不倫のきっかけの定番なのです。


単身赴任・妻の里帰りによるひとり暮らし

仕事での単身赴任や、奥さんが出産のために実家へ里帰りのために、短期間でもひとり暮らしをするがあります。
どうしてもひとりになると“自由だ”と気持ちが緩んでしまう場合が多いようです。

独身気分になってしまい、毎晩出歩いた先で女性と出会うこともあるでしょう。

また、妻が妊娠している期間というのは、性欲の発散ができず浮気が起こる危険性が高いと言われる時期です。
我慢していたのだから、という都合のいい言い訳で、パートナー以外で性欲を発散することがあります。


近所

町内会、マンション内などでご近所の方と顔を合わせる機会は多いでしょう。
当番制の活動や町内会の会合を協力して行うことで、浮気に発展してしまうことがあります

近所に浮気相手がいると、短時間でもすぐに会うことができ、都合がいいと考えている場合もあります。
浮気相手と物理的に近いので、長い期間の不倫関係に陥りやすくもあります


ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)

ソーシャル・ネットワーキング・サービス、具体的にはLINE、Twitter、Facebook、Instagramなどを指します。

内面をさらけ出しやすい場所でもありますので、心の距離が縮まりやすいのでしょうか。 初めはそこでやり取りしているだけだった旧知の二人が、リアルでも会うようになって次第に恋仲に…。

こんなケースが多いのは、ネット社会である現代を象徴しているのかもしれません。


同窓会

これは昔からよくあります。

お酒の力もあいまって青春時代に戻ったかのような感覚に陥り、かつて密かに憧れていた異性と一夜を共にしてしまう。普段あまり人に心を開かないタイプの男性に、ありがちなきっかけです。

また、眼中になかった女友達が、年齢を経て綺麗になっていて、つい、ということもあります。
どうしても気持ちが舞い上がってしまうのが、同窓会というシチュエーションです。


友人や知人の紹介

独身者が多数を占めるグループにいる男性は、このケースが特に多いです。
独身の友人たちと一緒にいると、既婚者でありながら自由恋愛をすることに心理的抵抗があまり無くなってくるのです。

また、飲み会などで仲良くなって、お互い既婚者であることを知りながら不倫に発展してしまう、いわゆるダブル不倫のケースも少なくありません。
そういう浮気している友人たちに囲まれていることで、浮気へのハードルが低くなってしまう危険もあります。


友人や知人の結婚式
これも定番ですね。
幸せな空気に包まれた空間で、ドレスに身を包んだ素敵な女性に出会った男性が、不倫願望を持ったとしても不思議ではありません。

風俗店

初めは付き合いで行ったキャバクラや風俗店にハマって、気が付けば店員と店外で逢い引きするような仲に…。

どうしても、チヤホヤされたり、優しく気遣われると心が動いてしまうのでしょう。


相手がプロだとわかっていても、甘い言葉に弱いのが男性です
年配の男性だとカモにされている場合も少なくありませんが、若い男性だとお互い本気で付き合っている可能性があります。


元恋人

これもよくあるきっかけではないでしょうか。


何と言っても、一度は愛し合っていた二人です。
なにかのきっかけで出会ってしまった場合、焼けぼっくいに火がつくこともあり得ます。パートナーとの折り合いが悪くなった時に出会い、愚痴を言い合うなどすると、今のパートナーを選んだことが間違いに思えてしまい、不倫に発展する可能性は高いでしょう。


習い事

同じ趣味を持った者同士で構成されたグループですから、どうしたって話は弾みます。
そこで、特に気の合った男女が恋愛関係に発展することは大いに考えられます。

習い事に通う女性は、自分を高めることに積極的な魅力的な方が多いので、つい心が揺れてしまうことがあります。 また、最初から不倫目的で習い事に通う男性もいます。

料理教室やピアノなど、女性比率が高い習い事にやたらと通いたがる男性には要注意です。


◆ 夫の不倫対策法

夫が不倫する危険性があるからといって、四六時中夫に付いて回って監視するわけにはいきません。

では、どうすれば夫が不倫することを未然に防げるのでしょうか。
その対策法を3つ紹介します。
不倫のリスクを伝える
「不倫していないでしょうね!」というスタンスではなく、あくまで一般論を語るみたいにそれとなく伝えましょう。例えば、「○○さんの旦那さんが不倫をして、慰謝料2000万円で離婚ですって。怖いわね」などと、さも世間話をするような感じで言うのがポイントです。
自分を磨いて魅力的になる

夫の目を他の女性に向けさせないためには、自分が女性として魅力的な存在になればいいのです。
例えば、スポーツジムやヨガ教室などに行って体を引き締めたり、丹念にスキンケアをしたり、夫好みのメイクや服装を心掛けたりして、常に魅力的な女性であるよう努めましょう。

思いやりと自尊心をもって夫に接する
婚姻期間が長ければ長いほど、お互い相手への接し方はぞんざいになりがちです。

しかし、この態度が男性を不倫に走らせる原因になります。
パートナーに対する思いやりを忘れず、「お帰りなさい」「ありがとう」などの言葉をかけたり、時には性交渉に応じたりすることを心掛けましょう。

しかし、あまりやり過ぎると夫に媚びた態度になってしまうので、ひとりの女性としての自尊心を大切にすることも忘れないでください。

◆ 関連する記事
カテゴリ

Coryright© 浮気調査NP right reserved.