浮気した男が彼女を騙すためにするよくある言い訳8個
更新日付 2019/07/06



浮気ばかりする男は言い訳が得意です。

女性の気持ちをズタズタにしながら、別れようともせず浮気をし、その挙句言い訳を繰り返す。

そんな浮気男がよく口にする言い訳とはどんなものがあるのでしょうか?

また、浮気の言いわけを見破る方法ってあるのでしょうか?

ここでは浮気した男が彼女を騙すために使う言い訳を8つご紹介します。

◆ 浮気男の言いわけ
問い詰めると逆ギレする

浮気しているのではないか?と思って彼を問い詰めると、逆キレするというパターンは多いでしょう。

問い詰める理由に夜中連絡が取れないとか、男性の部屋の中に自分のものではないアイテムがあったりなど。

そんな時、やはり浮気しているのではないかと問い詰めてしまうでしょうが、女性なら当然です。

男性に弁解や言い訳して欲しいと思っても、逆ギレされることがあるのです。


君を傷つけるつもりなどなかった

言い方やニュアンスの受け取り方で、不意に相手を傷つけてしまうということは確かにあるでしょう。

しかし、浮気は違います。

また、その裏切り行為によって、女性をいかに傷つけたかどうかを伝えなければ、彼は自分のした過ちに気付かないような思いやりがない人です。

そして、自分が浮気をされたということを想像しても、まったく傷つかないという、情が薄いひとなのかもしれません。


女性の相談に乗っていた

浮気する男性でよくある言い訳が女性と二人でいたのを問い詰めた時、ただ相談に乗っていただけというものです。

たとえば、同じ学校や職場の女性とご飯や飲みに行っていた場合、相談に乗っていただけと言い分けすれば、うまくごまかせると思っているケースです。

そういう言い訳をされてしまうと、女性もそれ以上責めることもできないですし、困った人を放っておけるのか?と逆に男性に言われてしまったら、それ以上何も言えません。

ただ、本当に女性の相談に乗っていただけだった場合でも、一般的に何か相談ごとをする場合、2人だけになることが多いです。

それが恋愛感情に発展してしまう場合もあるので、注意する必要があります。


酔って覚えていない

男性が女性の友だちと飲みに行くとなれば、誰だって浮気するのでは?と気になるものです。

それなのに、飲みに行ったまま全く連絡が取れなくなってしまう場合も多いです。

男女で友情が成り立つと言う人もたまにいますが、実際そうとは言いきれません。

浮気している男性が彼女が男性と飲みに行くのを嫌がるのは、男女で友情が成り立たないということを自覚しているからです。

つまり、男性はいくら友だちとは言っても女性と飲みに行くとなれば、肉体関係を結べるという期待を持っているということです。

酔っぱらっていて覚えていないなどと言い分けをし続ける男性にはきちんと制裁を加えるべきです。


相手の女性が悪い

浮気ばかりする男性がよく使う言い分けに相手の女性が悪い、相手のせいだというのがあります。

たとえば、女性にしつこく誘われてつい浮気してしまったなどです。

彼女の怒りが自分に向かないよう浮気相手に矛先を向けようとしているのが明らかですが、実際の浮気の原因は浮気相手ではなく彼でしょう。

ですので、浮気女性のせいで浮気したと言われた場合、その女性を責めても意味がありません。

浮気された復讐として浮気相手の女性にメールや電話をするケースがありますが、すべて原因は彼にあります。

そこをしっかりと押さえておく必要があるでしょう。


複数で会っていた

浮気男がよく使う言い訳に、複数人で会っていただけだというのがあります。

ふたりきりではなく他に人がいた会社の飲み会とか、友達みんなで会っていたと言い訳するパターンが非常に多いです。
もし、具体的に○○さんもその場に居た、と言う具体的な名前を出したとしても、口裏を合わせている可能性があります。

また、みんな仲良く写真に写っている、とか証拠があっても、その会合のあとにふたりっきりで…ということがないと言い切れるのでしょうか。 本当に潔白を証明できるのであれば別として、これはまったく否定していない分タチが悪い可能性が高いです。

この「複数で会っていた」という言い訳は、かなり信用度の低い浮気の言い訳だと知っておいた方がよさそうです。


二度としない

一度浮気をしたのに、もう二度としないという言い分けが通用するはずもありません。

二度としないというのは浮気男が使う常套句ですが、そんなことあり得るでしょうか?

男性が絶対にしないという言い訳をする場合、信じない方がよさそうです。

例え、今まで「浮気はしないで」と明確にお願いをしたことがなかったとしても、おつきあいをしている以上は誠実な交際をするのが当たり前です。浮気なんて言語道断です。

その当たり前の感覚がない方とお付き合いしていくことができる女性は、ごく少数でしょう。

一度浮気をした相手が言う、二度としないという言い分けや約束を信用することができるでしょうか?

そして「二度としないから」のあとには「許してほしい」という言葉が続くでしょうが、信頼を失った人の二度としません、という言葉ほど重みのないものはありません。

これは浮気男が使う常套句ですが、信じないのが賢明な判断でしょう。決して絆されてはいけません。


連絡を取り合っていただけ

浮気相手を連絡を頻繁に取っているのが分かっても、ただ連絡を取り合っていただけなどと言い訳する男性は多いです。

実際に相手と会っているわけじゃないのでいいだろう?と言われてしまうかもしれません。

ですが、本当にそうかどうかなんて分かりません。

それに、相手に恋愛感情がなければ頻繁に連絡を取るなんてことあるはずがないでしょう。

本当にそうなら、連絡するのをやめてもらうよう言う方がよさそうです。


男の浮気の言い訳を見破ろう

浮気ばかりする男性は言い訳するのが非常にうまいです。

ですが、それを鵜呑みにせずちゃんと見破れるようにしておきたいもの。

そうすれば、相手の嘘を見破れるようになり相手を支えられる力もつくはずです。

今後、男性に浮気された時にきちんと言い分けを見破られるよう、ここでご紹介したことを頭に入れておいてください。

◆ 浮気に関連するコラム
カテゴリ

Coryright© 浮気調査NP right reserved.